七五三について

女の子の七五三について

行事の由来について

七五三は、髪を伸ばし始める三歳男女の<髪置き>、五歳男子の<袴着の義>、七歳女子の<帯解きの儀>が一緒になって行われるようになった行事です。

本来の意味からすれば、三歳時は男女ともに祝うものですが、最近は「女の子は三歳・七歳」「男の子は五歳」というのが一般的です。

3歳女児:それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置き」。鎌倉時代の公家や武家の間で行われていたもの。

7歳女児:女の子が、着物のつけひもをとり、帯を初めて締める「帯解き」。「袴着」から分かれた儀式という説がある。

お祝いの時期について

11月15日は、鬼が自分の家にいる「鬼宿日(きしゅくにち)」とされ、厄払いに最良の日と考えられたためにこの日を七五三の日にしたといわれています。実際は15日前後の都合のよい日が選ばれています。

数え歳?満年齢で祝うの?について

本来は数え年で祝うものでしたが、最近は満年齢で祝う例が増えています。

着物などの衣装について

3歳女児:袖なし襟つきの被布を着ます。

7歳女児:本裁ちにした友禅のきものにかかえ帯、しごきをして筥迫(はこせこ)を胸に、帯のあいだに扇子、ぽっくりか草履を履き、手に袋物を持ちます。

洋服などの衣装について

現代では着慣れない着物よりも、入園や入学時にも利用できる洋服にする人が増えてきています。

「冠婚葬祭 はじめてのマナー」より

達磨の紹介について

お祝いだるまの紹介

出産祝いのプレゼント

受験応援グッズ

初節句祝いの贈り物