お宮参りについて

お宮参りの衣装について

男の子の赤ちゃんの着物について

お宮参りでの男の子の正式な装いは、白羽二重(やわらかく光沢のある白い絹着物)の内着に祝い着(晴れ着)を重ねます。

祝い着は「鷹や鶴などの熨斗目模様のついた羽二重地の紋つき。色は黒や紺、灰色など」を着せます。

なお、最近は祝い着の代わりにベビードレスを着せたり、レンタルを利用したりする人も多いです。

女の子の赤ちゃんの着物について

お宮参りでの女の子の正式な装いは、白羽二重(やわらかく光沢のある白い絹着物)の内着に祝い着(晴れ着)を重ねます。

祝い着は「花、蝶、手毬などの華やかな友禅模様が伝統的な柄。色は赤やピンクなど」を着せます。

なお、最近は祝い着の代わりにベビードレスを着せたり、レンタルを利用したりする人も多いです。

準備する人について

衣装は妻の実家が用意するものとされてきました。

産着の着方について

祝い着にはひもをつけ、抱く人の肩と脇の下から背中に回して結びます。

付き添いの方の服装について

付き添いの祖母や母親は黒の紋付が本式ですが、色無地の紋つきや付け下げ、訪問着などが一般的。

父親や祖父は一つ紋か三つ紋付きの羽織、きものに袴を着用します。

なお、最近、付き添いの人はワンピースやスーツですませる人も多いです。

「冠婚葬祭 はじめてのマナー」より

達磨の紹介について

お祝いだるまの紹介

出産祝いのプレゼント

受験応援グッズ

初節句祝いの贈り物