就職祝いについて

就職祝いののしについて

水引、表書き、名前の書き方について

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御就職御祝」「祝御就職」など

表書き/姓名:上書きよりやや小さめのフルネーム

お祝いの金額の相場について

就職祝いに贈る相場の目安は、相手との関係によって異なります。

贈る側・・・・相場の目安

親類・・・・・1万~3万円

兄弟・姉妹・・1万~5万円

友人・知人・・1万円程度

隣近所・・・・3千~5千円

お祝いを贈る時期について

贈るタイミングとしては、卒業して就職する前までの時期が適当で、遅くても就職後1周間くらいまでには届くようにしましょう。

お祝いのマナーについて

就職祝いの品物は、社会人になって揃えなくてはいけない、身の回りのものを選ぶのが通例です。以前は、男性なら腕時計やタイピン、カフス、女性なら腕時計や化粧品などが適当といわれていました。

しかし、最近の若者は自分の好みを大切に考える傾向があり、「高額な腕時計なら喜ぶはず」というものではありません。趣味性が高い品物は避けたほうが無難です。

相手の好みがわからない場合は、現金や商品券、図書券を贈るといいでしょう。

男性:仕立て券つきスーツ生地、ワイシャツ仕立て券、ネクタイ、ベルトなど

女性:ブラウス、アクセサリー、ハンドバッグなど

共通:商品券、図書券、現金、名刺入れ、定期入れ、、財布、バッグなど

印鑑:やや高級な実印を作って贈ると喜ばれる。ボールペンと一体型の便利なタイプもおすすめ。

お返しの水引、表書き、名前の書き方について

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「内祝」など

表書き/名前:上書きよりやや小さめのフルネーム

お返しのマナーについて

「就職祝い」は、まだ収入のない時点でいただく祝いですから、原則的にはお返しは不要です。

親の付き合いでいただいた場合も同様で、親が代わってお返しをする必要もありません。ただし、お礼の気持を相手に伝えることは大切なので、本人が直接出向くか、手紙や電話でお礼を述べましょう

「就職のときにお世話になった」、「子どものころから特に目をかけてくれた」そうした相手には、初めて給料をもらったあと、無理のない程度の手土産をもってお礼に伺うといいでしょう。

☆内祝いの金額と品物

初月給の中からささやかな品を。お酒など相手の好きなものを買うと喜ばれるでしょう。

「冠婚葬祭 はじめてのマナー」より

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

達磨の紹介について

お祝いだるまの紹介

出産祝いのプレゼント

受験応援グッズ

初節句祝いの贈り物